気まぐれで怠惰、密やかなささやきのカケラ。病と闘わないで共存できる道を探して、日々迷走中。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
誰でもない自分のために
2014-06-25 Wed 12:08
 
やってやるぜ今がその時だぜ
鼻息もあらく飛び出した
手にはお玉となべのふた

カッコつけてる場合じゃないのだ
あらがうのだそう徹底的に

振り払えまとわりつく嘲笑
苔むした諦めをなぎ倒し輝きを取り戻せ
だってこの世界は俺たちのもの

種を植える人を見た
打ちひしがれた者たちのために
静かに詠う人を見た

奪うだけ奪うがいい
いくらでも拾えるのだ
石ころの価値を知ってさえいれば

踏みにじられたら植えればいい
たゆまなく磨く努力を惜しまない者たちの
生み出す力を舐めるんじゃねぇぞ

負けないぞ何度でもいう

不恰好でも出来ることがある
学んだんだ背中を押されたんだ強く強く

心臓を掴め巡る血液を沸きたてて
枯れた大地に注ぎ込め

泥にまみれたって構わない
さあ今がその時だぜ

美しい美しい世界を咲かせろ


 

  


関連記事

別窓 | 感情詩 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<明日はどっちだ | 星のない白い夜~大人のADHD・双極性障害と生きる~ | やめられないとまらない>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。