気まぐれで怠惰、密やかなささやきのカケラ。病と闘わないで共存できる道を探して、日々迷走中。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
朧月
2015-05-06 Wed 01:09

三脚が欲しい…そう思いました



薄い雲に包まれて
おぼろに浮かぶ銀の月

中途半端に欠けたかたちが
迷う心を照らし出す

月を見れば思い出す
月を見れば恋しくなる

君に誘われて
遠い空の下同じ月を見た

真円に満ちた鮮やかな輪郭
眩しすぎて目を閉じた

まぶたの裏側の消えない残像
君への想いを心に刻んだ

愛してると真っ直ぐに言えた

今夜ひとりで見る月は
見え隠れするゆらめく姿
愁いを嘆き惑いを映す

微かな光に照らされて
反影が深くなる伸びていく

月が見ている
月を見ている

僕は見ている
君だけをずっと


 

  

関連記事

別窓 | 恋愛詩 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<君の知らない雨が降る | 星のない白い夜~大人のADHD・双極性障害と生きる~ | 拍手お礼更新とかしてみたら…ヤバイ!【日常】>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。