FC2ブログ
気まぐれで怠惰、密やかなささやきのカケラ。病と闘わないで共存できる道を探して、日々迷走中。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
君の知らない雨が降る
2015-05-11 Mon 07:12

車が通り過ぎる瞬間はトロいので撮れませんでした



薄闇の中ひそやかに部屋を歩く

柔らかい空気が満ちているのは
湿度が高いからだけじゃない

ぽつ、ぽつ、ぽつり
雨粒が控えめに出窓を叩く

半分だけ開かれたカーテン
磨りガラスの向こう側
濡れた路面を滑る音
通り過ぎるヘッドライト

一瞬照らされる植木鉢
可憐に咲くその花は黄色
贈り主はとうに眠りに落ちている

かすかに聞こえる寝息
身じろぐ気配が凪いだ心に波紋を描く

溢れそうなのは心か涙か両方か
言葉にはならない思いでさえない

傍らに膝をつきひたすらに見つめる
起こさぬように髪に触れる

朝になれば床に落ちた水滴も
乾いて消えることだろう

君よ安らかに穏やかに眠れ

目覚めたら晴れ渡る空を共に見よう



  

関連記事

別窓 | 感情詩 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<驀地 | 星のない白い夜~大人のADHD・双極性障害と生きる~ | 朧月>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。