気まぐれで怠惰、密やかなささやきのカケラ。病と闘わないで共存できる道を探して、日々迷走中。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
重石猫
2015-04-06 Mon 11:39

omoshineko_001_400xp.jpg



膝の上の猫がね
すごく重いんだ
あったかいけどさ

どいてって言っても
どこ吹く風
マイペースのお嬢様

「にゃぁなぁまおん」
「へぇふーんそうなの」

頷いてはみるけど
ホントはさっぱりわかんない

飼い主って 『あるじ』 じゃないよな
たとえるなら女王様と下僕

だってフツーに踏んでいかれるし
いいとこ自動エサ出し器かも

ねぇ聞いてる?

膝の上の猫がね
すごくあったかいんだ

ひとりじゃないって分かって
ホッとする


 

大好きだった愛猫の一周忌に寄せて。
(拍手より再録)
 

  

関連記事

別窓 | 感情詩 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<不覚にもキュンとなった【日常】 | 星のない白い夜~大人のADHD・双極性障害と生きる~ | 帰還。ブログ名ちょこっと変えます【お知らせ】>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。