FC2ブログ
気まぐれで怠惰、密やかなささやきのカケラ。病と闘わないで共存できる道を探して、日々迷走中。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
2015-06-17 Wed 01:29

ガラス越しの雨


雨が降る雨が降る
ぱらりぱらりはらりはらり

窓の向こうとこちら側に
やさしい雨が降っている

眠る君の横顔はとても綺麗で
でもとても遠くて哀しくて

このひと時が永遠であればと
叶いもしない願いが頬を伝う

長い長い逡巡とため息の末
おもむろに跪き我知らず祈り捧げる

健やかであれ
軽やかに風のごとく生きよ
明日に芽吹き伸びてゆけ

しるべは君の中にある
悔いも罪も愚かささえも
きっと君の糧になる

そして忘れないでいて欲しい
俺がここにいることを

このささやかな命は
君のためにあるのだから

健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、
富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、
この命ある限り、真心を尽くすことを誓うから

君を愛してる
そのためにここにいる

共に過ごした静やかな雨の夜
俺は忘れない

忘れられない、きっと
 
 


「君の知らない雨が降る」 別ヴァージョンです。
 

  

関連記事

別窓 | 感情詩 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<破壊の連鎖 【日常】 | 星のない白い夜~大人のADHD・双極性障害と生きる~ | よし、季節限定テンプレにしてみよう 【日常】 >>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。